競売よりも任意売却を選択しよう、住宅ローン滞納の対策

業者に依頼

住宅を購入する時、多くの方が住宅ローンを利用します。
この住宅ローンは、返済期間が長いことから、収入の減少等により返済していくことが難しくなる事があります。
返済が滞ると、金融機関から督促状などが送られてきます。
それでも払うことが出来ない場合、6ヶ月ほどで契約違反となり、住宅ローンの分割払いの権利がなくなってしまいます。
このような状態になると、一括でローン残高全てを支払わなければいけませんが、月々の返済も難しい状態ですから、不可能です。
そうすると、不動産は競売にかけられ売却されてしまいます。
この競売ですが、市場価格よりとても低い金額で売却されるという特徴があります。
住宅ローンが払えなくなり不動産を売却する、もう一つの方法として任意売却と言う物があります。

任意売却とは、住宅ローンが払えなくなり、競売にかけられる前の段階で売却する方法です。
金融機関などと話し合うことによって、抵当に入っている不動産を売却するのですが、この方法では、市場価格と同じ程度の金額で売却することができるのが特徴です。
金融機関にとっても、任意売却で不動産を競売より高く売却することができるので、多くの金額を回収できるというメリットがあります。
売却後に残ってしまったローン残高の返済についても、その後の生活を考えた返済計画の相談に乗ってくれることがあるので、任意売却は住宅ローンの返済に困った時に一番に考えるべき方法です。
任意売却の相談を専門に扱う業者等も存在しますので、困った時には相談してみることが大事です。