競売よりも任意売却を選択しよう、住宅ローン滞納の対策

払い過ぎたら相談

過払い金とは、払いすぎた利息のことです。
2010年に法改正される以前に発生していたグレーゾーン金利による貸し付けを受けていた債務者に発生しています。
この利息分に支払い義務はないため、然るべき請求を行うことで取り戻すことができます。
この方法を過払い金請求と言います。
過払い金請求を行う際、一般的には弁護士または司法書士といった法律家に依頼して行ってもらいますが、債務者が自ら行うことも可能です。
法律家に依頼する場合でも、自ら行う場合でもやり方は同じですが、法的効力がある請求なので自ら行うのなら事前に知識を持って請求をしましょう。
知識や時間が確保できないのなら、報酬費用は掛かりますが法律家に依頼してみてください。

過払い金は、違法金利による貸し付けです。
違法金利と聞くと闇金を思い浮かべますが、過払い金は法律の矛盾点を突いた金利による貸し付けですので、正規の貸金業者で行われていました。
ただ、支払う必要のない利息であることに違いはないので、債務者は取り戻すべきです。
実際に取り戻せる過払い金は借入額、返済期間、金利などで変わりますが、数百万円を取り戻したというケースもあるようです。
数万円でも数十万円でも、余分に支払っていたとなれば債務者はかなり損をしていることになりますので、これは無視できない問題でしょう。
ちなみに過払い金請求の対象となる貸金業者が業績不振や倒産などをすると取り戻すことはできなくなってしまうので、早急の請求がすすめられています。