競売よりも任意売却を選択しよう、住宅ローン滞納の対策

利点

マイホームを購入する時に、ほとんどの人が住宅ローンを組みます。住宅ローンを借りることで、返済を月々に分散させることができます。
しかし、月々少ない返済だとしても、住宅ローンの支払いが苦しいと感じている人は非常に多いです。
住宅ローンが滞納してしまい、それを放置していると自動的に競売にかけられてしまいます。競売は、自分にとって不利な条件でしかありません。なるべく有利にマイホームを処分したい場合は、任意売却が良いです。
住宅ローンが支払えなくなり、自宅を売却する場合は、抵当権を抹消する必要があります。
この抵当権抹消をするためには、住宅ローンの残高を全て返済しなければならないのです。しかし、任意売却を洗濯することで、住宅ローンが残っている場合でも、交渉次第で抵当権抹消することができるのです。

任意売却という名前になっていますが、一般的な不動産売却とあまり変わりません。そのため、会社の人や近所の人に、住宅ローンが支払えずに、売却することになったことを知られることなく売却できます。
残った住宅ローンは借金ですから、もちろん残った分は支払う必要があります。これは競売の時と変わりません。
しかし、競売よりも任意売却の方が、相場に近い価格で売却することができるので、その分残る借金も少なくて済むのです。

任意売却は、借金を返済する側だけではなく、金融機関や保証会社側にとってもメリットがあるのです。
競売で不動産を処分するよりも、任意売却の方が早く処分することができますし、多くの金額を回収することができます。ですから、債権者も任意売却や、在債務の支払いにも対応してくれるのです。

業者に依頼

住宅ローンが支払えなくなり、任意売却を行う場合は、任意売却専門業者に依頼すると良いでしょう。専門業者に依頼することで、任意売却に関するアドバイスや手続きなどを行ってくれます。

Read more

払い過ぎたら相談

払い過ぎた利息分で問題になる過払い金問題は、意外と身近なところで起こります。こうした時に頼れる弁護士や法律家なら、過払い金の請求を依頼することができてお金が戻ってくるチャンスがあります。

Read more

将来に役立つ

法律家を目指す人に最適な■と言えば、司法書士。あらゆる場面で活躍される司法書士は独学で知識をつけて資格取得を行なうこともできるので、将来的に役立つスキルになります。

Read more

身内間の争い

法律家に依頼される案件の中で多いものと言えば、「相続」トラブル。相続の問題は遺産を受け取る対象となる身内間で争われることがあるので、泥沼化してしまう恐れがあるので事前に相談するのが得策です。

Read more

価格は変わる

不動産を売却する際に気をつけておいたいことは、相場を知る必要があるということです。購入した当時の価格と売却したい時の価格は年数の経過と状態が変わる所が多いので事前に相場を確認しましょう。

Read more

スムーズな取引

不動産を売却する際に選ばれる選択肢として、不動産会社に買取してもらうという方法もあります。なかなか売れない物件や資産の整理を急いでしたいという時は、こうした方法を用いるとスムーズに契約まで進めることが可能です。

Read more

↑ PAGE TOP